監禁嬢(かんきんじょう)ネタバレ第6話【女へのトラウマ】漫画感想 無料試し読みあり

20161129172916

こんにちは!

 

主婦のゆきこです。

 

いつもとちょっと違うジャンル

 

【監禁嬢(かんきんじょう)】

 

の第6話ネタバレです!

 

 

現在『まんが王国』にて

【先行配信】になっています。

 

登録せずにすぐ読めるので

試し読みしてみてください❤

 

 

【スマホで読む】

【監禁嬢】で検索

⇒まんが王国

 

 

 

⇒第5話ネタバレ

 

 

 

監禁嬢 第6話

「日常」


監禁状態から

日常に戻った裕行は

通勤の満員電車で

子供時代のことを思い出す。

 

「カーペッ

カーペッ・・・」

 

父親ごはんに

大量のツバをかけている

母親を見かける裕行。

 

「気にしんさんな・・・

全部あの人が悪ぅんじゃけぇ・・・」

 

「アンタはあんな風に

なっちゃあいけんよ」

 

泣きながら言う母親。

 

父親がほとんど家に

いなかったから

母親と妹とばあちゃんと

女に囲まれて育った裕行。

 

女が好きなこと

女が嬉しいことをして

女に嫌われない様に・・・

 

女は怖いと

女を怒らせない様に

生きてきた裕行は

カコのことがますます

わからなくなっていた。

 

学校に着くと周りから

心配されるが

裕行はここでも

本当のことは言えず

二日酔いだったと嘘を付く。

 

教室に行った裕行は

麻希を見つけて

学校では麻希が

いたのだったと気が重い。

 

カコのこと

麻希のことと

気になることが多過ぎて

授業に集中できずミスを連発。

 

”俺”ってどうやるんだっけ?

 

日常が取り戻せない裕行。

 

ついにはクラスの生徒の顔が

すべてカコに見えてしまい

その場に倒れ込む・・・

 

その日の放課後

校内の見回りに行った裕行を

麻希が待ち伏せしていて

美術室に連れ込み

馬乗りになる。

 

「何鬱モード入ってんの?」

 

「先生は人気も人望も

失っちゃいけないから

もっとしっかりしなくちゃ」

 

「おしおきだね」

 

 

 

続きはこちらから

↓ ↓ ↓ ↓

 

【スマホで読む】

【監禁嬢】で検索

⇒まんが王国

 

 

 

⇒第7話ネタバレ