【胸を揉まれる大家さんの意外な言葉】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。25話 ネタバレ

こんにちは!

 

 

主婦のゆきこです♪

 

 

今回は

【女の子が落ちた先は、

俺の息子の先っぽでした。

のネタバレの続きを書きます。

 

 

登録なしで無料試し読みできますので

読んでみてください♪

 

↓ まんが王国公式へ ↓

 

 

 

【野外で中○し】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。24話 ネタバレ 画像 結末 無料試し読み

2017.05.03

 

 

 

25話【あの子が隣にいるのに・・・バスで揺れる大家さんのおっぱいに堪らず・・・】ネタバレ

3人での温泉旅行が終わって

バスで帰路に着くが

壮介はバスに酔ってしまう・・・

 

 

そんな壮介のことを知らずに

壮介の肩にもたれかかって寝る

由紀と丹生。

 

 

壮介は山道を走るバスの中で

ここ数日の由紀との温泉エッチや

丹生から告白されたことを

吐きそうになりながらも思い出していた。

 

 

バスがカーブで揺れるとその振動で

壮介の肩にもたれかかっていた丹生は

反対側のイスにもたれるようになり

由紀は豊満な胸のボタンが弾け飛び

胸元が丸見えになってしまう。

 

 

壮介は由紀を起こそうとするが

まったく起きず

とりあえず胸元を隠そうとボタンを

止めようとするが

バスの振動で手がずれて

胸を揉んでしまう♪

 

 

その気持ち良い手の感触に

壮介はちょっとだけならと

下着をずらして直接触り始めると

由紀は目を覚ましてしまう・・・

 

 

「あ・・・

相川君・・・?」

 

 

由紀と目と目が合い

怒られると思った壮介は

言い訳をしようとするが

由紀は意外なことを言い出す。

 

 

「や・・・

やめなくても

いいですよ・・・」

 

 

こうしてバスの中で

エッチを始める壮介と由紀

次第に盛り上がっていき・・・❤

 

 

エッチの続きはこちらから読むことができます。

 

↓ まんが王国公式へ ↓

 

 

 

【いつになく積極的に誘惑する大家さん】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。26話 ネタバレ

2017.07.23