【大家さんとお風呂で素股】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。21話 ネタバレ

こんにちは!

 

 

主婦のゆきこです❤

 

 

今回も大人気のエッチまんが

【女の子が落ちた先は、

俺の息子の先っぽでした。

をネタバレしていきます♪

 

 

登録なしで無料試し読みできますので

読んでみてください♪

 

↓ まんが王国公式へ ↓

 

 

 

【大家さんからのお誘い】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。20話 ネタバレ 画像 結末

2017.04.25

 

 

 

21話【恥ずかしいくせに自分で腰振って・・・大家さんがやらしすぎる・・・!】ネタバレ

由紀に誘われて

部屋にある露天風呂に

一緒に入る壮介。

 

 

向かい合って抱き合い

素股で激しく擦り合う2人❤

 

 

酔った由紀はとても積極的で

腰を動かしながら

濃厚なキスをしてくる。

 

 

「はあっ・・・アッ」

 

 

体を痙攣させて

イってしまう由紀

そのまま湯船の中で寝てしまう。

 

 

「ちょっと

起きてくださいよ・・・」

と壮介が言いながら

由紀を湯船から出して

浴衣を着せていると目を覚ます

由紀・・・

 

 

「あれ・・・

私は何を・・・?」

 

 

壮介との行為をまったく

覚えていない由紀は

自分の胸がはだけた状態

なのを見ると

「きゃああああ!」

と大声で叫ぶ!!

 

 

その由紀の大きな叫び声に

気付いて目覚めた丹生は

「どーしたの2人とも」

と露天風呂の方へやってきた。

 

 

由紀は壮介とのエッチなことを

まったく覚えていないので

壮介が自分の浴衣を脱がそうと

していると勘違いして叫んだのだった。

 

 

「ごごご誤解だ!」

と弁明するが信じてもらい壮介。

 

 

「汚さずに入浴して

くれたんでしょうね?」

 

 

ニヤニヤしながら壮介に聞く

丹生は自分もお風呂に入ろうとする。

 

 

その時

壮介は思い出し

「なんかするんだろ?

3人で・・・

(3Pとか!)」

まだ勘違いしながら聞くと

「3人で屋台行こうと

話してたんだ」

と言う丹生。

 

 

お風呂に入る丹生は

実は途中で起きていて

壮介と由紀のエッチな声を

聞いていたのだった・・・

 

 

お風呂を途中で切り上げ

2人の前に戻ってくる丹生は

顔が真っ青だった・・・

 

 

 

本編続きはこちらから読めます。

 

↓ まんが王国公式へ ↓

 

 

 

【号泣告白され手マン】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。22話 ネタバレ 画像 結末 無料試し読み

2017.04.26