【ぐっしょり濡れる大家さんのアソコ】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。8話 ネタバレ

こんにちは!

 

 

主婦のゆきこです❤

 

 

今回も大人気のエッチまんが

【女の子が落ちた先は、

俺の息子の先っぽでした。

をネタバレしていきます。

 

 

登録なしで無料試し読みできますので

読んでみてください♪

 

↓ まんが王国公式へ ↓

 

 

 

【大家さんと密室で】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。7話 ネタバレ

2017.04.12

 

 

 

8話【自分でアソコをぱっくり開かせ、俺の息子を擦りつける!!】ネタバレ

押入れに隠れた壮介と由紀の2人。

 

 

押入れの中でも何やら

文句を言う由紀。

 

 

このまま由紀がしゃべり続けては

丹生にバレてしまうと焦る壮介は

黙らせるためにキスをする。

 

 

しかしこれで火がついた壮介は

由紀の胸を弄り始める・・・

 

 

その頃部屋には

2階の開いた穴から潜入した丹生が

前日に忘れていったパンツを

探していた。

 

 

押入れの方から物音が聞こえ

気になった丹生は近付き

「そこに誰かいるの?」

としゃべる。

 

 

ふすまの隙間から

丹生が目の前に来たことが見え

焦る2人は

押入れの奥に移動し

なるべく見えないようにする。

 

 

狭い押入れで密着していた2人だが

奥に入ったことにより

更に密着度が増して

お互いのアソコも密着して

押し付けられる。

 

 

あまりの密着具合に

感じてしまい声が出そうになる由紀。

 

 

丹生に見つかってしまう?

と思ったその時・・・

 

 

丹生はふすまのところに

あったパンツを発見し

その奥にいる2人には気付かず

バイト時間が迫っていたので

急いで部屋を出て行く。

 

 

あと一歩というところで

見つからずに済んだ2人。

 

 

「もういいでしょ離して!」

と密着している体を離そうとする

由紀。

 

 

しかし壮介は

由紀のアソコが濡れている

ことに気付いて

「すっごい濡れてますよ

お互いどうにかした方がいいでしょ?」

と由紀のパンツを脱がそうとする。

 

 

「擦り合うだけですから」

と息子を取り出す壮介は!

 

 

えっちの続きはこちらから読めます♪

 

↓ まんが王国公式へ ↓

 

 

 

【大家さんに発射】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。9話 ネタバレ 画像 結末

2017.04.13